「聞こえる」から、毎日が楽しい
子供より、孫に嫌われたくないから決心

「本当は補聴器を使うのなんてイヤだったんですよ。でも可愛い孫のため。孫に嫌われたくないからね!」と、はつらつとした笑顔が印象的な長岡市下山、中村幸夫さん(64歳)は、58歳の時に声をかけても返事をしないなど、娘や息子に何度も注意されていた。還暦前だったこともあり、補聴器イコール年寄りのイメージが強く、付ける気にはなりませんでした。ですが、ある日「おじいちゃんを呼んだのに返事してくれなかった・・・」と、孫が悲しそうに言っていたことを娘さんから聞いて、補聴器を付けることを決心しました。


体験したからわかる、補聴器選びのポイント

補聴器デビューは4年前。「聞こえにくい方の耳だけでいい」とアナログ式の片耳だけの装用。人目が気になって付けたり付けなかったりしていたので、なかなか耳に馴染みませんでした。ある時には後ろから来ていた自動車に気づかず、あわや事故になりそうな恐ろしい目にも。
そこで、朝日堂の古澤社長に相談。薦められたデジタル式を試したところ、これがピッタリ。
「音質が格段によくなって、小さくて目立たない。両耳装用にしたら方向感覚もばっちり。
聞こえないより、聞こえたほうが絶対安全ですからね」と大満足。
それからは、早く自分の物にしようとこまめに相談するようになりました。
「店が近いから、何かあればすぐに行ける。言いたい事が言えるし、説明も丁寧。アフターサービスって大事ですよ!」。
補聴器選びのポイントは何を買うより、どこで買うかが大切だったんですね!参考になりました!

お客様に合わせて、詳しくご案内いたします。
お気軽にお問い合わせください。

コメントは受け付けていません。