お客様からいただいたご相談の一部を紹介します補聴器って、値段が高いって聞くけど…
補聴器は医療機器の承認を得た小さなコンピュータです

補聴器の片耳は10万円くらいからあります。もっと安いもので「集音器」などがありますが、これは「医療機器」としての承認を得ていません。補聴器は確かに安いものではありません。それは小さい中にマイクやスピーカーやICチップなど、たくさんの技術が詰まっているコンピュータだからです。私たちの耳はとても精密で賢く出来ていますから、その耳を助けるものを作るのは大変なことなのです。補聴器は日々どんどん進化していて、いま主流のデジタル補聴器は音を分析・処理をして聞き取りやすくしてくれます。

しかし、ご予算は限られているもの
それも含めてお客様に適した提案をさせていただきます

また、1回でポンと支払うのは負担がかかりますね。朝日堂では「家計にやさしい支払いシステム」があります。詳しくは下をご覧ください。 重度の難聴の方には助成制度がある福祉用の補聴器もあります。

家計にやさしい支払いシステム

 
お客様の声
  • 安くしたかったから補聴器は片耳だけでいいやと思ってたけど、両耳のほうがずっとよかった。値段は高くなったけど、でも満足している。(男性)
  • 補聴器と集音器と同じと思ってたけど、全然違うものなんだね。(男性)
  • 支払いが心配だったけど、分割で年率も0円でやって頂き感謝。(女性)

これは一例です。ご相談を伺って、お客様お一人おひとりに適したご案内をいたします。

コメントは受け付けていません。