Q&A

 補聴器を買おうと思うけれど何を目安にしたらよいかわからないという方のために、補聴器についてよくある質問をまとめております。

 ご購入の際は納得いくまで質問、ご相談ください。

 

Q1. 補聴器をつけたほうがよいのはなぜ?

 

A1.
 耳がかなり聞こえなくなってから補聴器を使おうと思っていらっしゃる方も多いです。
 しかし、耳が遠くなって何年も経ってしまうと音を忘れてしまう事があります。たとえば補聴器を使用してみてから、それらの音が久しぶりに聞こえたときに、何の音か分からず雑音と感じてしまう場合も多いのです。音を忘れてしまう前に、そして聞き違いや生返事による誤解、トラブル、仕事上の支障などを防ぐためにも早めに、補聴器を利用して頂くことをお勧めします。
 補聴器の役割は「聴力を治す」ことではなく、あくまで「聞こえを補う」ということにあります。
 しかし、専門家によるフィッティングを時間をかけて行えば聞こえは改善され、生活の質が向上することでしょう。

 

Q2. デジタル補聴器はアナログ補聴器と何が違うの?

 

A2.
 補聴器はアナログからデジタルへと移り変わっています。それら違いには大きく二つの要素があります。
 一つめは、補聴器から出す音を調整する際の自由度が大きく変わります。
 アナログ補聴器では、通常2~3個の小さな調整機で音の調整をしていました。これが、デジタル 補聴器になると、10~15個くらいの調整項目があります。
 音を細かく区切って調整できるので、より個々の聴こえに合わせることが可能となります。
 二つめは、マイクに入ってきた音をデジタル信号処理することにより、会話音と、明らかに雑音と思われる音とを選別し、雑音を抑えるような処理が可能になりました。
機種によっては、補聴器自体が方向感をもったものや、周囲の音環境によって、補聴器から出る音を、自動で調整してくれるものもあります。
 デジタル補聴器は、調整項目が多く、アナログ補聴器以上に販売店の知識、技術が問われます。どんなによい補聴器でも、フィッター(補聴器を調整する人)が未熟であれば、その性能は活かされません。

 また、デジタル補聴器にはさまざまな価格の製品があります。最先端のデジタル技術を駆使し多彩な機能を盛り込んだ上級モデルから、最近ではアナログ補聴器に匹敵する価格帯のシリーズも登場しています。デジタル補聴器は手が届かないとあきらめかけていた方にも、お求め易く身近になってきました。
 価格だけで決めるのではなく、ご自分の使い道、使う場所や機能、性能などを照らし合わせ最適な補聴器を選ぶことが大切です。
 当店は視聴器で聞こえ具合を試していただいています。
 ご自宅や店頭でじっくり聞き比べ、満足度の高いものをお選びください

 

Q3. 補聴器はガーガーと雑音ばかり入ってくると聞いたけど?

 

A3.
 補聴器を使うことにより、今まできこえていなかった音が聞こえるようになります。そのため、周りの「生活の音」も聞こえてきます。一般的にこの「生活の音」が雑音と言われることが多いようです。また、聞こえが悪くなってから何十年も経て補聴器をすると今まで忘れていた音が一度に入ってきます。これが「やかましい」と感じる原因になることもあります。
 デジタル補聴器といわれる物の中には周りの「生活の音」を静かにする機能がついているものもあります。また、フィッティングがうまくいっていない場合も、雑音ばかりが入ってきて言葉がはっきりしないという状況になる事もあります。フィッティングを直せば雑音がなくなります。

 

Q4. 補聴器を付けると目立つのでは?

 

A4.
 補聴器にはいろいろなタイプがあります。
 大きく分類するとお客様の耳型を取って作るオーダーメイド補聴器、耳の後ろにかける耳掛形補聴器、コード式の箱型補聴器の3種類となります。
 その中で目立たないのはオーダーメイド補聴器です。オーダーメイドの中で一番小さいものはCICタイプといい、横から覗き込まないかぎり分からないくらいのサイズです。
 また、最近では多彩なカラーバリエーションの耳掛補聴器も登場し、様々なバリエーションの中からお好みの色を選ぶことができますのでアクセサリー感覚で身につけていただけます。

 

Q5. 通信販売で購入できますか?

 

A5.
 申し訳ありませんが当店では扱っておりません。私どもは補聴器はお客様の聴力を検査した上でじっくり時間をかけて選ぶべきであり、またお客様のニーズ(どのような音が聞きたいか)にあわせて調整する事が大変重要と考えております。
 例えば、全く同じ聴力の方でも、レストランの厨房のように食器が触れ合う音が絶えず耳に入ってくる場所で働いていらっしゃる方と、一日の大半を静かなご自宅で過ごされる方とでは、必要な音も、必要な補聴器も違うものになるはずです。
 ところが通信販売は聴力判定なしの販売になりますので当店では行っておりません。お客様の音環境が判らない状態での販売では、お客様に充分にご満足いただける補聴器を提供させていただく事はできないと考えているからです。なお、新潟県内でしたら、ご自宅まで無料で出張いたしますので、お気軽にお電話ください。

 

Q6. 補聴器を使うともっと難聴になるのでは?


A6.
 補聴器は、お客様の聴力に合わせて必要な音量を補うものです。このため、お客様に合った補聴器を正しいフィッティングにより使用すれば補聴器を装用したという理由で、難聴が極端に進む事はありません。

 

コメントは受け付けていません。